[認定薬剤師の総合情報サイト]

認定薬剤師の求人を探すなら転職エージェント!

認定薬剤師の求人探しで困っていませんか?認定薬剤師の求人情報は一般的な求人サイトでは、中々目にすることがありません・・・。そんな時は転職エージェントをご利用がオススメです!【認定薬剤師の総合情報ガイド】では認定薬剤師の求人を探すのに便利な薬剤師専門の転職エージェントのご紹介しています。当サイトでご紹介している転職エージェントは、全て無料で登録・サービス利用できるものだけを厳選しています。

2016年に注目のエージェントがあります。株式会社リクルートメディカルキャリアが運営する【リクナビ薬剤師】です。求人数が業界最大級の数を誇り、求人の質も良いものばかりを揃えております。好条件求人や人気病院の求人などは登録しないと見れない非公開求人となっている場合が多いです。ですが、無料登録すれば簡単に見ることができます。薬剤師の求人を探すなら、転職エージェントの活用が断然オススメです!

当サイトではエージェント紹介のほかに、認定薬剤師に関するコンテンツを公開しています。そちらもぜひご覧ください!

薬剤師に人気の転職エージェントBest5!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 エムスリーキャリア株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社メディカルリソース 詳細
ファルマスタッフ申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 ジェイネクスト株式会社 詳細
ヤクステ申込みはこちら

引く手あまたの認定薬剤師資格を活用して転職しよう

薬剤師の業務内容や、その専門知識は、より多くの仕事に応用され、就職、転職の際の職業選択の範囲をどんどん広げています。その一方、医療現場では、医療チームの一員として、薬剤を使った新しい治療法の提案、そして患者さん毎にその投薬内容や薬をカウンセリングによって、臨機応変に対応を変えていったりする為に、薬剤についてのより深い理解が不可欠です。

当然、患者さんは処方箋や薬剤について知る権利がありますから、最近では病院で、より詳細な薬の情報や服用の仕方について説明する、薬剤師外来などの制度も広まってきています。

そんな薬剤師の現状ですので、6年制の薬学部を卒業し、薬剤師の国家試験を通ってからも、常に知識のアップデートや職業的研鑽が欠かせないのは当然です。薬剤師の役割も時代のニーズによってどんどん移り変わっていきますから、それに対応していかないといけません。

公益財団法人である日本薬剤師研修センターでは、薬剤師としての必要な社会責任、職務と医療責務を全うするために、新しい制度として「認定薬剤師」という資格試験を設けました。薬剤師としてふさわし資質を維持できているかどうかをこの資格試験でみることができます。

認定薬剤師資格を持っているということは、定期的に研修に参加し、新しい情報をアップデートして、それを現場でいかすことができるというお墨付きを貰うことになり、薬剤師としての意識の高さを示すことにもなります。

薬剤師として仕事をしているにあたって、病院や医療機関に薬剤師が組織する薬剤師会があったり、企業で独自に研修制度を行なっているところもありますが、それらの研修やワークショップなどは一貫性がなく、能力や実力を測る一つの指標ではないことは明白でした。その部分をこの認定薬剤師制度は統一してくれたのです。

薬剤師免許の更新とともに、常に時代に即した薬学的アプローチを行える薬剤師として、倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学、薬事関連法規、薬事制度などに明るい薬剤師は、募集企業にとってもとても欲しい人材です。もし転職を考えている場合は、薬剤師転職エージェントに登録前、または転職前でもいいので、取得を検討してみてください。この制度は、新規は4年、そして更新は3年以内に所定の単位を習得した事を申請後、認定を受けるものです。これからの将来を見据えて、自分のスキルアップのため、転職を成功させる為に、薬剤師の皆さんにぜひ注目していただきたい制度の一つです。詳しくは、日本薬剤師研修サイトをチェックしてみましょう。

認定薬剤師の転職事情

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

認定薬剤師とは、研修認定薬剤師制度という薬剤師の研修成果を記録し、客観的にその自己研鑚の内容を認定するために発足された制度によって定められている認定機関で、決められた所定の単位を修得することで、その分野において一般的な薬剤師よりもプロフェッショナルな能力・知識を持つことを認定された薬剤師のことを指します。また、単位取得後も所定の研修を生涯にわたって受け続ける必要があり、その資格を更新していくことが不可欠となっています。つまり、常に知識やスキルがアップデートされるよう努力していくことが必要な薬剤師でもあるのです。なお、新規に資格を取得する場合は4年以内に、更新は3年毎と期間が決められています。

様々な分野で設定されていて、たとえばがんの療法に特化しているガン療法認定薬剤師や、総合医療を目的とした薬学のプロとしてその働きを期待されるプライマリ・ケア薬剤師など様々あります。薬剤師の活躍の幅を広げようとする動きも活発化してきており、活躍がますます期待されています。このため、様々な分野で活躍できる認定薬剤師は企業・薬局にとって大きな存在となりつつあり、人材を求める規模も大きくなっています。つまり、転職において認定薬剤師の資格を有することは今後さらに重要で、就職に有利に働くものであると言えるのです。

もちろん、どんな資格でも良いというわけではありません。それぞれの薬局や病院、企業などで必要とされる分野の専門知識および経験、さらには遺伝子レベルにまで及ぶ薬学知識を持っていることが重要となります。また、最近では精神疾患患者の数が増えてきており、精神科薬物療法の認定薬剤師の需要も高まりつつあります。医薬分業が進む中、一方で精神科医と連携して適切な薬物治療を行える人材は、門前調剤薬局などで大変重宝される存在となるでしょう。一方で、大衆薬のセルフメディケーションが可能な薬剤師の存在もドラッグストアチェーンなどで大変重要視され、そういった人材は転職で採用に有利になります。

今後、認定薬剤師を求人する企業はさらに増えていき、専門的な知識を活かすことの出来る現場もどんどん増えていくことでしょう。そういった現状を受けて、これから資格を取得したいと考えている方は、研修会などへの参加を認めてくれる組織への転職も考慮するようにしましょう。また、自分から進んで様々な情報を集め、実際に行動に移すことも大切になります。