[認定薬剤師の手当]

認定薬剤師の手当

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

薬剤師には免許更新制度がありません。一度薬剤師になってしまえば、極端に言えばその後一度も薬事について勉強をしなくても、薬剤師として仕事を続けることが可能なのです。しかし日々進化が進む医療や薬事について何も勉強しなくても、薬剤師として常に適切なメディカルケアが行えるとは考えられません。そこで免許更新制度代わりになるのではないかと期待されているのが、認定薬剤師です。認定薬剤師には多岐に渡る種類が存在しますが、中でも研修認定薬剤師がその免許更新代わりを担う役割になりそうです。ただ現段階においては、研修認定薬剤師も含め、認定薬剤師ではなくても薬剤師として法的に罰せられるようなことはありません。

研修認定薬剤師とは、日々進化する医療や薬事について学び、自己の知識を更新して行く努力をする必要があります。また他の認定薬剤師についても、当然専門分野に特化した薬事の知識を更新する必要があります。認定薬剤師が一般の薬剤師よりも手当がつくのは、当然とも言えます。

ある調剤薬局での求人を見ると、諸手当の項目に認定実務実習指導薬剤師手当、研修認定薬剤師手当が列挙されていました。認定実務実習指導薬剤師とは、薬学部6年制の設置に伴い必修化された長期の薬局病院実務実習に対応するため認定を受けた薬剤師、すなわち薬剤師の卵である学生を指導する立場の薬剤師を指します。研修認定薬剤師同様、薬剤師としての知識はもとより学生を指導する勉強もしているわけで、手当がついて当然とも言えます。

また特定領域認定制度とも呼ばれる専門分野に特化した認定薬剤師、例としてがん薬物療法認定薬剤師、精神科薬物療法認定薬剤師等も当然ながらその専門的分野が高度かつ複雑な知識を有することが必要なことを考えれば、当然一般の薬剤師よりも手当がつくと考えても良いでしょう。

薬剤師の求人の中には、一般の薬剤師が認定薬剤師を目指すことができるように、待遇や福利厚生の中に認定薬剤師取得という条件を挙げている調剤薬局もありました。

その他にも薬局側として、今後薬剤師手当ではなく、認定薬剤師を増やし、「認定」薬剤師手当に変更しようという動きも出てきています。これは薬局に認定薬剤師を置くことで、その薬局が他の薬局と差別化できるようになるからと言われています。

以上のようなことを考慮すれば、認定薬剤師は一般の薬剤師よりも有利な条件で手当がもらえると考えても良さそうです。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら