[がん薬物療法認定薬剤師]

がん薬物療法認定薬剤師

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

がん薬物療法認定薬剤師とは、認定薬剤師の一種であり、専門的な知識を有する特定領域認定制度の中のがん分野に特化した知識を持つ薬剤師です。日本病院薬剤師会が認定しており、2009年には認定を受けた薬剤師が700名に達しています。

薬剤師には免許更新制度がないために、薬剤師になってさえしまえば、一度も勉強をしなくても薬剤師として仕事を続けることはできます。しかし医療や薬事は日々進化を遂げています。薬剤師として時代に即した薬学的ケアができるためには、常に薬事に対する知識を最新のものに更新する必要があります。その中で期待されているのが、研修認定薬剤師とも言えます。研修認定薬剤師は薬剤師全体の最新の知識向上に効果があるものですが、がん薬物療法認定薬剤師とは、がんだけに特化した高度かつ複雑で専門的な知識を有する薬剤師に認められた制度です。

がん薬物療法認定薬剤師になるには、

  • がん薬物療法認定薬剤師認定試験に合格するのはもちろんのこと、薬剤師として優れた見識を備えていること。
  • 5年以上の薬剤師歴があること。
  • 日本病院薬剤師会あるいは日本薬剤師会の会員であり、かつ日本医療薬学会、日本薬学会、日本臨床薬理学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会のいずれかの会員であること。
  • 日本病院薬剤師会生涯研修履修認定薬剤師、日本医療薬学会認定薬剤師、日本薬剤師研修センター認定薬剤師または日本臨床薬理学会認定薬剤師であること。
  • 日本病院薬剤師会が認定する研修施設において、病棟業務(薬剤管理指導業務)、抗がん薬注射剤混合調製、薬物血中濃度モニタリング、緩和ケア等の実務研修を3ヶ月以上履修していること。
  • または研修施設において引き続いて3年以上がん薬物療法に従事していること。(所属長の証明が必要)
  • 認定対象となる講習を所定の単位(10時間、5単位)以上履修していること。
  • またがん患者への薬剤管理指導の実績50症例以上(複数の癌種)を満たしていること。病院長あるいは施設長等の推薦があること。

等厳しく定められています。

平成23年度のがん薬物療法認定薬剤師認定試験は、問題が全50問。各枝問の正誤の組み合わせを5択から選ぶ形式。合否の発表はホームページ上で行われました。

また認定期間は5年間とされ、認定更新しない場合はがん薬物療法認定薬剤師と呼称できないとされています。認定更新の際にも認定時と同様に厳しい条件が定められています。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら