[認定薬剤師制度]

認定薬剤師制度

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

認定薬剤師制度はそれぞれの認定薬剤師の種類によって変わります。認定薬剤師制度は大まかに分けると、生涯研修認定制度と特定領域認定制度に分けられるでしょう。

それら認定薬剤師の専門分野によって異なる認定機関を評価・認証する機関として、薬剤師認定制度認証機構があります。薬剤師認定制度認証機構によれば、認定機関の主な機能、すなわち制度の内容として挙げられるものは、質の高い研修等の提供、受講生に対する単位給付、認定証発行であるとしています。また認定機関は公正、中立であること、また研修等の公開を原則としてうたっています。

生涯研修認定制度として、現段階の認定機構が考える研修の基準は、認定機関が主催して年間15?20時間程度以上、もしくはそれよりも多くの研修会を行うこと。としています。その研修の内容は質の高いものが求められているようです。また認証機構は、提供する研修内容の評価、すなわち給付される「単位」の質的保証を重視しているようです。それは他機関からでも同一に認定を受けられるように、研修の質が水準以上かつ均質であることが必要だからと言えるでしょう。

専門分野にあたる特定領域認定制度は生涯研修認定制度の一部とされています。生涯研修を行う認定機関が、特定の分野、課題について薬剤師としての職能を高めるため、ある程度まとまった回数、期間内で、適切なプログラムに従い研修を行なった上で、習得した成果を認定する制度です。特定領域認定制度の学習課題は、「専門薬剤師制度」と類似する場合もありますが、専門薬剤師が能力の保証を目的とするのに対し、あくまでも専門性向上のための学習課程の修了を証明するものとしています。したがって、専門薬剤師制度のように特定領域での実務経験を求めたり、特定分野の研究実績を必要としたりするような高いハードルを課す必要はないとしています。しかし薬剤師として実務経験が5年以上必要であることを条件としている特定領域認定制度も多く、またその専門的知識を有する試験を受けて合格しないとなれないこともあり、生涯研修認定制度の中でも難しいと言わざるを得ない資格となるでしょう。また経験が求められる資格でもあるので、新人薬剤師としてすぐにでも取得できる資格ではなさそうです。

認定機構は今後この制度に関わる認定機関として、組織や人材が備わっている薬科大学の他に優れた実績のある地域薬剤師団体、薬剤師の生涯研修を目的とする法人などの参画も大いに期待しているとしています。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら