[感染制御認定薬剤師]

感染制御認定薬剤師

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

認定薬剤師の一つとして、感染制御認定薬剤師があります。感染制御認定薬剤師とはどんな認定薬剤師なのでしょうか。

感染制御学とは、病原体に感染する防止方法を研究する学問のことを指します。感染制御認定薬剤師に認定されれば、感染制御専門薬剤師の試験を受験する資格を得ます。感染制御専門薬剤師は、病院などの医療機関の中で起こる感染症の治療や予防をする専門の薬剤師を指します。感染制御認定薬剤師は、その感染制御専門薬剤師よりも比較的認定されやすいと言われています。しかし特定領域認定制度の中の一つであることを考えれば、高度な専門分野の知識を有する事が必要なことは明らかです。

感染制御認定薬剤師になるためには、薬剤師として実務経験が5年以上あること。日本薬剤師会もしくは日本医療薬学会認定薬剤師であること。また所属する病院等の推薦が必要となる場合もあります。これらの条件を満たし、感染制御認定薬剤師の試験を受験、合格した上で感染制御認定薬剤師に認定されます。平成21年には約250名以上の薬剤師が感染制御認定薬剤師に認定されました。

最近病院内や医療機関において院内感染などが問題となっています。その現状において感染制御認定薬剤師は、感染制御の医療チームが作られている場合、その中で他の専門医と共に感染症の制御を行う役割を担います。感染を制御するためには構成物質などの薬が大きな効果を発揮すると言われていますが、薬の種類やその組み合わせによって、様々な問題を引き起こすことも考えられます。そのためにそれらの薬に対する高度で複雑な専門的知識が必要となるのです。

このように感染制御認定薬剤師は単独で仕事をするのではなく、感染制御の医療チームで活躍することが多いため、感染制御の医療チーム自体が少ない時には、ほとんど活躍する場が見受けられませんでした。しかしその感染制御の医療チームが増えるのと比例し、現在はその認定薬剤師の数も増えていると言われています。

感染制御の医療チームは病院など医療施設において、感染防止チームや院内感染対策チームなどと呼ばれており、一般に医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、設備管理者によって構成されています。通常の場合は、各部門のスタッフが兼任することが多いとされています。

このようなことから感染制御認定薬剤師は、これから活躍の場が大きく飛躍する認定薬剤師の一つ、また感染制御専門薬剤師にスキルアップすることもできる注目の認定薬剤師と言えるでしょう。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら