[認定薬剤師になるメリット]

認定薬剤師になるメリット

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

認定薬剤師になるメリットはあるのでしょうか。

薬剤師には免許更新制度がありません。極端なことを言えば、薬剤師になってしまったら、その後一度も薬事の勉強をすることがなくても、薬剤師として仕事を続けることが可能です。しかし日々進化の一途をたどる医事・薬事において、自己研鑽は不可欠です。日々新薬は開発され続け、医学は向上しています。それに対応できるよう知識を更新し続ける必要があるからです。そういった昨今の事情を鑑みて、生涯認定制度が発足しました。

その代表的とも言えるのが、研修認定薬剤師でしょう。薬剤師になった後も決められた期間にカリキュラムを受けることによって、研修認定薬剤師として認定されます。その努力が客観的に認定されることによって、常に時代に即した薬学的ケアの行える薬剤師であることが証明されます。同じ医療従事者や患者からの信頼も得ることができるでしょう。

また特定領域認定制度の認定薬剤師を目指す場合、ある分野での特化した知識と経験が必要となるため認定されるのが難しいと言えるかもしれません。しかしその分やりがいを感じることができたり、一般の薬剤師からのスキルアップが実現できるとも言えます。

生涯研修制度の認定薬剤師、特定領域認定制度の認定薬剤師共に言えることとして、認定薬剤師として認定されれば、やりがいやスキルアップの他にも常に最新の知識を持つ薬剤師、専門的な知識を持つ薬剤師として、当然年収アップにもつながります。また転職の際にも有利に働くと言えるでしょう。最新知識、また専門知識と技術は武器になります。

特に特定領域認定制度の認定薬剤師はその分野において高度かつ専門的な知識を持っているため、当然一般の薬剤師よりもその分高額の年収・給料であることが想像できます。また勤務先として特定領域制度の認定薬剤師がドラックストアや調剤薬局で働く可能性は低く、病院勤務、大きな責務、また勤務時間超過等を考慮すれば高額の年収・給料であることは当然とも言えるでしょう。また認定実務実習指導薬剤師なども薬剤師の卵である学生の指導者とも言える立場にある事を考えれば、当然その資格分、高額の年収・給料があり得ると考えられます。

ちなみに一般の薬剤師の平均年収は518万円、平均年収は37万円、年間ボーナス等は77万円と言われています。以上のような理由から認定薬剤師になるメリットは多方面から考えることができると言えるでしょう。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら