[認定薬剤師とは]

認定薬剤師とは

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

認定薬剤師とはどのような薬剤師のことを指すのでしょうか?認定薬剤師とは、一定の研修実績を積み、認定証を授与された薬剤師のことを指します。

薬剤師は一度薬剤師になってしまうと、免許の更新制度等がないので、極端なことを言えば、合格後一度も薬事の勉強をしなくても、薬剤師として仕事を続けることができます。しかし近年の医療、薬事は進化の一途をだとり、複雑かつ専門的な知識が必要となって来ました。薬剤師の免許を持っているからと言って、一度も勉強することなく、薬剤師の仕事を続けていたとしたら、時代に即応した薬剤師の責務を全うすることができません。

そこで薬剤師になった後、薬剤師の生涯研修の一環として、多くの団体が一定の研修実績を積んだ薬剤師に対して認定証を授与するシステムを構築しました。認定は法律で定められた義務ではなく、認定を受けていないからと言って、法律的に罰せられるようなことはありません。しかし薬剤師免許に更新制度がないことなどを考えると、この認定薬剤師の認定証が薬剤師の免許更新代わりとして、根付くことが期待されています。

認定薬剤師には、
・研修認定薬剤師
・認定実務実習指導薬剤師
・がん薬物療法認定薬剤師
・精神科薬物療法認定薬剤師
・HIV感染症薬物療法認定薬剤師
・妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
・漢方薬・生薬認定薬剤師
・緩和薬物療法認定薬剤師
・プライマリ・ケア認定薬剤師
・認定指導者(認定指導薬剤師)
・在宅療養支援薬剤師
・スポーツファーマシスト
・救急認定薬剤師
・抗菌化学療法認定薬剤師
など、多岐に渡る専門分野が存在しています。この専門分野によって、認定する機関が違います。

多くの団体が行う研修認定制度、専門分野によって異なる認定機関を評価・認証する機関として、薬剤師認定制度認証機構があります。例えば薬剤師認定制度認証機構が認定した機関、日本薬剤師研修センターは研修認定薬剤師を認定している機関です。研修認定薬剤師となると、各都道府県の薬剤師研究センターで研修認定薬剤師であるということが公表されます。言わばこの薬剤師は単なる薬剤師であるだけではなく、研修を経て、一通りの知識と経験を積んだ実務がこなせる薬剤師であるということが公に証明されるのです。

この研修認定薬剤師の例を一つとっただけでも、認定薬剤師の資格は時代に即した薬学的ケアを行える薬剤師としての成果を証明できる資格なのではないでしょうか。今後生涯に渡り、自己研鑽を重ね資質向上の努力を目に見える形で評価される認定薬剤師は増加の一途をたどるのかもしれません。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら