[認定薬剤師と専門薬剤師の違い]

認定薬剤師と専門薬剤師の違い

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

認定薬剤師と専門薬剤師の違いはどのようなものでしょうか。薬剤師には認定薬剤師と専門薬剤師という薬剤師がいます。

特定領域認定制度の中の認定薬剤師の学習課題は「専門薬剤師制度」と類似する場合があります。しかし専門薬剤師が能力の保証を目的とするのに対し、認定薬剤師はあくまでも専門性を向上するための学習課程の修了を証明するものとなっています。因って認定薬剤師に認定されるにあたって、認定薬剤師は専門薬剤師制度のように特定領域での実務経験を求められたり、特定分野の研究実績を必要としたりするような高いハードルを課される必要はない。と定義付けられています。

専門薬剤師は医師の負担を分散し、安全で安心できる薬物療法を提供することを最大の目標とし、2006年から専門薬剤師の認定が始まりました。

認定薬剤師と同様、専門薬剤師もその種類によって認定する機関が違ってきます。がん専門薬剤師を例に挙げると、認定機関は日本医療薬学会で、がん領域における薬物療法等についての高度な知識と技術を用いて、質の高いがん薬物療法を医療チームの一員として提供する事が目的とされています。

専門薬剤師の種類によって異なる部分もありますが、専門薬剤師になるためには、まず認定薬剤師であることが必要となります。その上で学会に所属し、論文を発表する必要があります。また申請資格を有するに値する履修、実施研修、実務経験などを積まなくてはなりません。例えば精神科専門薬剤師になるには、精神科薬物療法認定薬剤師に認定された上で、日本精神神経学会、日本神経精神薬理学会、日本臨床精神神経薬理学会、日本生物学的精神医学会、日本病院・地域精神医学会、日本社会精神医学会、日本老年精神医学会のいずれかの会員であること、精神科領域の論文を既定の編数以上発表していること、また精神科領域に関する学会発表が規定の回数以上あること、等厳しい条件が様々あります。以上のような試験の受験資格を得た薬剤師が、専門薬剤師認定試験に合格し、初めて専門薬剤師に認定されます。

また専門薬剤師の資格は5年と決められています。専門薬剤師は一般の薬剤師以上にその分野に特化した専門的かつ最新の知識や技術が必要となります。そのためその知識や技術を維持するために、5年毎に更新認定を受ける必要があるのです。

専門薬剤師と認定薬剤師を位置づけるならば、認定薬剤師のスキルアップしたものが専門薬剤師と言えるでしょう。将来的に専門薬剤師を目指すならば、まずは認定薬剤師になる必要があります。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら