[Jリーグのスポーツファーマシスト]

Jリーグにおけるスポーツファーマシスト

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

Jリーグをはじめ、最近では国際的に活躍するプロサッカー選手が大勢いて、国内外問わずドーピングへの高い関心や注意を持つ方も増えてきています。また、なでしこジャパンなど女子サッカーの人気も急激に上昇しており、サッカーに関する求人に応募したいという方も増えてきています。こういった中で、薬剤師がサッカー業界、特にJリーグで活躍する現場も存在しており、選手のメディカルチェックや医薬品に関する教育・啓発活動などを行なっている方も多くいます。このような状況でスポーツファーマシストの果たせる役割も大変大きいものがありますが、現段階ではこの資格取得者だけを募集する求人はなかなか見つけることは出来ません。この原因として、スポーツファーマシストの果たすべき役割であるドーピング防止に関して、Jリーグでは今のところ大きな問題が起こっていないというのが要因として挙げられます。

Jリーグでのドーピング検査は、試合後にメンバー全員に対して行われます。風邪や体調を崩していたり、または胃腸などを壊していたりして医薬品を飲んでおり、その成分がドーピングにひっかかることもよくあるため、スポーツファーマシストはそういったことがないよう教育・指導していくことが大切です。しかし、今のところJリーグではそういった問題は大きくクローズアップされておらず、また、他のメディカルチームの薬剤師などが常に気を配ってドーピングなどが起こらないよう定期的にチェックしていることも関係し、そこまで大きな問題にはなっていません。また、スポーツファーマシストに対する認知度が低いこともあって、サッカー業界専門で活躍できるスポーツファーマシストを募集しようという動きがなかなかないことも、求人を見つけられない原因と言えるでしょう。

しかし、今後Jリーグでもスポーツファーマシストの資格取得者の需要が伸びていくことが予想されます。それは、今後プロサッカー選手として海外リーグも見据えて活動していく選手が増えていくことが予想されており、国内で活躍している段階からドーピングや禁止薬物への高い意識を育てていくことで、海外に進出した際に大きな問題が起こらないよう予防対策を行えるからです。そうした場面において果たす役割は大きく、今後に期待がもてる職業であると言えます。

このため、現在は求人を見つけるのが難しくても、今後求人募集されることを予想して、薬剤師求人やスポーツファーマシスト求人に強い転職支援サイトに登録しておくことをお勧めします。

スポーツファーマシストの採用情報はエージェントで探そう!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら