[プロ野球のスポーツファーマシスト]

プロ野球におけるスポーツファーマシスト

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

日本のプロ野球界ではそれほど大きなドーピング問題というものが起こる可能性は低く、また現在でもドーピングによって大きな問題が起こったということもありません。しかしながら、健全なスポーツであるプロ野球を実行していくためには、スポーツファーマシストによる啓発活動やドーピングへの厳しい対応が重要と考えられています。

メジャーリーグなど、海外の野球選手ではドーピングによってその選手生命を断たれてしまった例を多く見ることが出来るように、日本国内のプロ野球においてもドーピングは大変大きな問題です。しかしながら、現段階で大きな問題が起こっているわけではなく、また、スポーツファーマシストに対する認知度がいまだ低いことも相まって、決して求人件数が多いわけではないことを認識しておかなければいけません。すなわち、プロ野球の球団、または医療チームでスポーツファーマシストとして仕事をすることは、そう簡単には実現できないのが現状であるということです。

野球選手が肉体を作る上で、違法に薬物で筋力を増強したりすることは禁じられており、こういった薬物の違法使用を防止することがスポーツファーマシストの役割となります。しかし、これだけというわけではなく、一般的に風邪をひいた時や、体調を崩した時に薬を飲んでしまい、その薬物に含まれる成分によっては違法となる可能性があることを知らせるのも役目です。野球選手にとってこういった事情を説明してくれる存在としては、今までは薬局やメディカルチームの医師や薬剤師だけでしたが、今後、より身近な存在としてスポーツファーマシストが活躍することが出来るものと期待されています。

現在求人でもプロ野球におけるスポーツファーマシストとして働くことの出来るものは簡単に見つけることは出来ず、野球関係のメディカルチームへの求人に応募するか、または野球選手がよく通う病院などの常勤薬剤師として働くのが一般的です。しかし、今後スポーツファーマシストとして求人を募集する可能性も否定することは出来ないので、常にアンテナをはってチェックしておきましょう。その際、薬剤師の転職支援サイトに登録しておくと、情報が掲載されたり、登録された時にすぐに行動に移すことができるのでおすすめです。野球だけではなく、ボクシングなど様々な現場で活躍できる求人も掲載される可能性もあるので、気軽に無料会員登録をしておくとよいでしょう。

スポーツファーマシストの採用情報はエージェントで探そう!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら