[認定薬剤師の研修]

認定薬剤師の研修

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

認定薬剤師の研修はどういった定義で行われているのでしょうか。認定薬剤師と一口に言っても、様々な種類の認定薬剤師がおり、その内容は多岐に渡ります。生涯研修認定制度の中の研修認定薬剤師と特定領域認定制度の中のそれぞれの種類の薬剤師とは、同じ薬剤師とは言え、専門とする薬事の内容が全く異なるので、当然研修内容も違ってくると言えるでしょう。

現在認定薬剤師の研修を行っている団体として、財団法人日本薬剤師研修センター、東北大学大学院薬学研究科、慶應義塾大学薬学部等が挙げられます。これらの研修を行う団体として認められるには、薬剤師認定制度認証機構によって、認証される必要があります。

薬剤師認定制度認証機構は、生涯研修制度として適切な研修時間は研修を行う団体自身が主催して年間15?20時間程度以上の研修会を行なうこと。研修機関としての認証の最重点を、提供する研修内容の評価、すなわち給付される「単位」の質的保証においている。としています。言わばそれが研修としてのボーダーラインと言えそうです。また質的保証に重点を置く理由としては、他機関からでも認定を受けられるように、研修の質が水準以上かつ均質である必要があるため、としています。

一方特定領域認定制度の中の認定薬剤師の研修は、どうでしょうか。薬剤師認定制度認証機構は、「生涯研修認定制度」の一部と位置づけています。研修を行うことを認められた団体が、特定の分野や課題について薬剤師としての職能を高めるために、適切なプログラムに従って研修を行ない、習得した成果を認定する制度としています。薬剤師には認定薬剤師の他に専門薬剤師という薬剤師もおり、特定領域認定制度の中の認定薬剤師の学習課題は「専門薬剤師制度」と類似する場合もあります。しかし専門薬剤師が能力の保証を目的とするのに対し、認定薬剤師はあくまでも専門性を向上するための学習課程の修了を証明するものとしています。因って専門薬剤師制度のように特定領域での実務経験を求めたり、特定分野の研究実績を必要としたりするような高いハードルを課す必要はない。としていますが、認定されるための資格を見る限りでも、特定領域認定制度の中の認定薬剤師は研修認定薬剤師よりもハードルが高いと言わざるを得ません。

実際にがん薬物療法認定薬剤師として認定されるには、日本病院薬剤師会が認定するがん領域の講習会、及び別に定める学会が主催するがん領域の講習会などを所定の単位(40時間、20単位以上)履修していること。等が決められています。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら