[認定薬剤師の種類]

認定薬剤師の種類

↓の薬剤師転職サイトランキングへ飛ぶ!

認定薬剤師は多岐に渡る専門分野によって、様々な種類に分けられます。生涯研修認定制度として、年間を通して決められた時間の研修を受ければ、認められるものと、特定領域認定制度と言われる専門分野の領域に入る認定薬剤師があり、こちらは先の生涯研修認定制度より、認定されるのが難しいと言わざるを得ません。

認定薬剤師には以下の種類があります。
研修認定薬剤師
認定実務実習指導薬剤師
がん薬物療法認定薬剤師
感染制御認定薬剤師
精神科薬物療法認定薬剤師
HIV感染症薬物療法認定薬剤師
妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
漢方薬・生薬認定薬剤師
緩和薬物療法認定薬剤師
抗菌化学療法認定薬剤師
プライマリ・ケア認定薬剤師
在宅療養支援薬剤師
救急認定薬剤師
認定指導者(認定指導薬剤師)
スポーツファーマシスト

例えば日本薬剤師研修センターが認定している研修認定薬剤師とは、日本薬剤師研修センターの定める「研修認定薬剤師制度」に基づき、一定期間内に集合研修や自己研修を受け、定められた単位を取得。その成果を客観的に認定した人に対して与えられるもので、認定薬剤師の一般的な資格とも言えそうです。

特定領域認定制度と言われる専門分野の領域に入る認定薬剤師は、薬剤師であることを前提として、その特別な分野において専門的かつ高度な知識を要することが必要です。因ってこの特定領域認定制度における認定薬剤師は、認定される資格も研修認定薬剤師制度の資格よりもより厳しいものになります。

一例として、がん薬物療法認定薬剤師を取ってみましょう。
・薬剤師としての実務経験が5年以上であること。
・日本病院薬剤師会が認定する研修施設において病棟において、実技研修を3ヶ月以上履修していること。
・または、研修施設において3年以上、がん薬物療法に従事していること。(所属長の証明が必要)
・日本病院薬剤師会が認定するがん領域の講習会、及び別に定める学会が主催するがん領域の講習会などを所定の単位(40時間、20単位以上)履修していること。
・ただし、40時間のうち日本病院薬剤師会主催のがん専門薬剤師に関する講習会12時間、6単位以上を取得すること。
・がん患者への薬剤管理指導の実績50症例以上(複数の癌種)を満たしていること。
・病院長あるいは施設長等の推薦があること。
等、厳しい条件になっています。

このように認定薬剤師の種類によって、認定される資格も違うので、認定薬剤師として将来どの分野に進むか充分に見極めることも必要です。

認定薬剤師の求人はここで探そう!サービス充実!!

対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社リクルートメディカルキャリア 詳細
リクナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
マイナビ薬剤師申込みはこちら
対応エリア 料金 会社名 申込み
全国 無料 薬キャリ株式会社 詳細
薬キャリ申込みはこちら